TREASURE BOX

atsushi777.exblog.jp

僕が学んだ "宝物" たちを詰め込んでおく箱。

Shoulder Special Test

Neer Impingement Test

ローテーターカフのインピンジメントのチェック

- Acromion process:肩峰
- Coracoacromial ligament:烏口肩峰靭帯
- Supraspinatus:棘上筋


①テストするほうは、肩甲骨が動かないように固定する
②腕は肘を伸ばした状態で肩内旋位にする
③逆側の手で、患者の腕をPassiveで0°から180°まで屈曲させる


ポジティブサイン→痛みが肩屈曲90°から180°の間で起こる
=主に棘上筋 or 上腕ニ頭筋腱のインピンジメント


******************************************************************************************************
Hawkins-Kennedy Test

これも、ローテーターカフ (特に棘上筋) や上腕ニ頭筋腱のインピンジメントを確認するテスト。


①肩90°外転 (完全な外転ではなく肩甲棘のラインで)、肘90°屈曲
②そこから、Passiveで肩を内旋させる

痛みが出たり、肩甲骨が上方に回旋してきたら (=痛みを感じないための動作) ポジティブサイン。


上腕骨の大結節と肩峰の下のスペースでのインピンジメントを引き起こすテストです。


******************************************************************************************************
Drop Arm Test (Codman's Test)

このテストは、ローテーターカフ (特に棘上筋) の断裂 or インピンジメント のテスト。

①肩を外旋させ、肘を伸ばしたまま、ゆっくり180°外転させる (手のひらが上を向いた状態)
②肩180°外転位から、同じように今度はゆっくりとおろしていく


おろしていくとき、棘上筋はエキセントリック収縮がかかる。

もし断裂 or だいぶ損傷していたら、この "ゆっくり降ろす動作" ができなくなる、というのがこのテストの原理。


ゆっくりと同じスピードで腕を降ろせない、がポジティブサイン。


******************************************************************************************************
Yergason's Test


(1)上腕ニ頭筋腱の損傷 or (2)SLAP損傷 の有無を確認するテスト


(1)上腕骨には、上腕ニ頭筋の長頭の腱をスムーズに動かすための溝 (=Bicipital groove) があります。

更に、その溝と長頭の腱を覆う靭帯 (=Transverse humeral ligament [横上腕靭帯]) があります。


そこで損傷がおきると、このYergason's Testで痛みが出ます。



(2) SLAP とは、Superior Labrum Anterior Posterior の略。

スラップ損傷とかってよく言われますが、つまりは関節唇 (Labrum) の損傷のこと。

関節唇とは、膝の半月板と同じようなもので、不安定な肩関節 (肩甲上腕関節) を安定させるソケットのようなもの。


上腕ニ頭筋の長頭の腱が、この関節唇 (Labrum) に停止しています (図の上のBiceps Muscle Tendonって書いてあるとこ)

なので、上腕ニ頭筋に負荷がかかると、SLAP損傷を起こすことがあります。



Yergason's Testの流れ。

①肘を90°曲げる
②テストする人は、Bicipital Groove (上腕ニ頭筋腱) を触る
③患者に、肘の位置は固定するよう伝える
④テストする人→患者の腕を肩外旋 & 前腕回外の方向に動かす
 患者→動かされないように抵抗する


[ポジティブサイン]
(1) テストする人が触ってる上腕ニ頭筋腱に痛み or Snapping (亜脱臼テキな)
(2) 肩甲上腕関節の上側に痛み (上腕ニ頭筋長頭の停止部分で、関節唇がくっついてる部分)


*******************************************************************************************************
Acromioclavicular distraction test (Sulcus Sign) (肩鎖関節)

肩鎖関節のinstability (不安定性) をチェックするテスト。


肩鎖関節を触りながら、腕を下に引っ張ります。


肩鎖関節靭帯の捻挫や、鎖骨骨折とかがあると、左右を比べたときにより下に腕が動きます。


肩鎖靭帯の完全断裂が起きると、Step deformity or ピアノキー反射 (←たしかこんな名前だったはず...!?) が起こります。














Grade 3 だとこんなカンジになります。





*********************************************************************************************************
Acromioclavicular Shear Test (肩鎖関節)


さっきのテストはdistraction=引っ張る

このテストはshear=剪断


両手を組んで、肩鎖関節を前後からはさみ、剪断の力 (つまり圧迫) を加える。

ポジティブサイン→肩鎖関節の痛み、鎖骨が結構動く (左右で比べて)


これで鎖骨が結構動く (=靭帯のゆるみ) と、肩鎖靭帯だけでなく、烏口鎖骨靭帯のゆるみや損傷も考えられる。


********************************************************************************************************
Sternoclavicular Joint Stress Test (胸鎖関節)
※動画ありませぬ...


①患者は椅子にでも座ってリラックス
②近位側の鎖骨 (胸骨側) を親指と人差し指でつかむ
③逆側の手は肩甲骨を固定させる
④鎖骨の上下や前後にプレッシャーを与えて、不安定性をチェックする



ポジティブサイン→痛み、hypermobility (過度可動域)、hypomobility (低可動域) ←左右を比べて。


ゆるみは、不安定性や捻挫のサイン。

逆に動かなすぎるのは、関節の癒着の可能性があり、肩関節の怪我につながる。


********************************************************************************************************

肩関節のスペシャルテストはまだまだいっぱいあるけど、とりあえずここで一旦終了〜。


他のテストはまた今度〜(^_^)/


by livewithhappiness | 2012-03-11 04:46 | Shoulder

by livewithhappiness
XML | ATOM

skin by excite
ブログトップ